バイアグラの副作用(1)

トップバナー

バイアグラの副作用(1)

バイアグラについて、記事を書いていますが、ある問題にぶち当たりました。

それは「副作用」についてです。

実際の所、それはバイアグラの種類にもよるのですが、一部では副作用を起こしてしまうバイアグラも存在するようです。

例えばこのような持病をお持ちの方はNGです。

  • 狭心症
  • 重い心臓病
  • 脳血管障害
  • 低血圧
  • 網膜色素変性症

このような症状をお持ちの方は服用出来ません。

狭心症ですが、血圧の低下をまねき、危険な事になる場合があります。
さらに重い肝臓病を持つような方も、バイアグラの使用は禁止しています。
網膜色素変性症ですが、眼の病気の方にも、バイアグラの使用は出来ませんので注意が必要です。

また、これはある意味副作用なのですが、セックスの時にバイアグラを飲んで、そのまま勃起状態がおさまらないといったケースもあるようです。

もし、あなたがバイアグラを飲んで、それから4時間以上も勃起がおさまらないような場合は注意が必要です。
こうなってくると、自分ではどうしようもないので、直ちに泌尿器科のある救急病院にて受診してもらってください。

その時に、しゃ血等の処置をしてもらってくださいね!

他にも、副作用と呼ばれるものが存在します。
それについては、次でご紹介します。

バイアグラの副作用(2)バイアグラを買えるネットショップ
copyright(C)ピン・小太刀